英語スキルの必要性

日本人はスピーキングが苦手

ビジネスにおける英語の発話・会話力の部分がとても大切である理由はいくつかあります。

まず、使用頻度が非常に高いことです。
ビジネスの場において、スピーキングの英語スキルを使用する機会は頻繁にあります。
海外のお客様との商談だけではなく、海外支社との折衝や社内公用語が英語の会社ではオフィスの中でも英語のスキルが必要になります。
あらゆる場所でとっさに英語で対応できるようなスキルが求められるのです。

また、日本人の多くは英語スキルの中でも特にスピーキングが苦手な方が多いことも重要度が高い理由の1つです。
苦手意識を持つ人が多く、また、どのように勉強を進めれば良いのか詳しく知る人が少ないため、学習のサポートの必要性が比較的高いのです。

どのような授業か

スピーキングスキルを磨く授業ではどのような指導を受けることができるのでしょうか。
大きく分けて、グループディスカッションと発音やアクセントの矯正の二つに分けることができます。

グループディスカッションの授業では、議論を通して実践的な会話の力を身につけることができます。
大抵の場合は、英語のレベルが同じか、もしくは少し上のグループに配属され、お題に沿って講師の監督の元、他の生徒と議論を勧めていきます。

発音やアクセントの矯正の授業では、個別か少人数のクラスで皆さんの英語の発音をネイティブの講師によってチェックされます。
英語圏の国出身の方とお仕事をされることが多い方は、特にこの発音やアクセントが重要になります。
発音が適切でないと、しばしばこれらの国の方はその人のことを軽視する傾向があるからです。


B!