ライティングの授業

ライティングの重要性

ビジネスの場では、スピーキングと同様ライティングのスキルの重要度も高いと言うことができます。
なぜなら、社内のEメールからお客様宛ての契約書等様々なシーンで英語の文章を作成する必要があるからです。
その上、その際使用する英語は、普段の日常生活で使う簡単な話し言葉ではなく、慣用句を含めたビジネス英語を使用する必要があるからです。

インターネット上の一部のサイトでは、こうしたビジネスシーンで用いることができる英文のテンプレートを配布していることもよく目にします。
しかしできれば、このようなテンプレートには頼らずご自身の英語のスキルをもって英文を作成したほうが絶対に良いです。
なぜなら、テンプレートに当てはめただけですと所々文章に違和感が生じてしまうからです。

どのような授業か

ライティングの授業はどのようなものが一般的なのでしょうか。
こちらも大きく二つに分けて説明することができます。

まず、英語のボキャブラリーや慣用句を学ぶ講義の授業です。
ここでは、英文法を学習するのと同様にビジネスの場で必要な英語のボキャブラリーを学んでいきます。
復習で高校レベルの英文法をおさらいすることもよくあるようです。

二つ目は、実際にお題に沿った作文を作成するより実践的な授業です。
契約書や打ち合わせのEメール等、実際のビジネスの場に近いお題が出されることが多いです。
作成した作文はネイティブの講師によって添削され、アドバイスを添えて返却されます。
また、返却時は対面式で直接アドバイスを受けながら答案を返してもらえることもあるようです。


B!