留学制度について

留学制度のメリット

社内で行われる留学制度には様々な種類があります。
一番よく目にするものは、海外に行って現地の語学学校に通う留学です。
英語をしっかりと学んで帰ってきたら、社内の国際関係の業務に携わることが期待されています。

更に英語のレベルが高い人が挑戦するのはMBA留学です。
MBAとは経営大学院のことです。
海外のレベルの高い学生とともに議論中心の授業が進められます。
MBA取得後は海外赴任等の重要度の高い仕事を任されることが多いようです。

それ以外にも、海外赴任に合わせて自主的に現地の語学学校に通う方もいるようです。
仕事と学習の両立をさせることは大変難しいです。
しかし、修了した暁には大きな経験とスキルを得ることができます。

自主的にできること

今まで、社内の英語研修と留学制度について見てきました。
働きながら英語を勉強することはなかなか難しいので、こうしたサポートを最大限活用することが英語の上達の近道と言うことができます。

しかし、自分自身でも英語のスキルアップのためにできることはたくさんあります。
例えば、民間会社が行う英語試験の受験勉強です。
資格である程度の成績を取得しておけば、その後の英語研修や留学制度を利用するための社内選考で有利になります。

また、英語圏出身の友人を作ることも効果的な方法の1つです。
頻繁に会話を重ねることで、ネイティブならではの表現を知ることができます。
また、予め発音についてチェックするようお願いをしておけば、スピーキングの練習を行うこともできます。


B!